So-net無料ブログ作成
検索選択

再び1904年の写真。

FullSizeRender.jpg





左は信綱。三人の子供たちが誰なのか、わかりません。
熱心に見ている絵は、推測ですが、中国杭州の西湖の絵ではないでしょうか。

23日の写真のそばに貼り付いている文字列は文字化けしたのではなく、写真のデータのようです。
どうやったらとりのぞけるのかわからず、不調法なことで申しわけありません。


共通テーマ:moblog

記念号の編集がありました。

image.jpegimage.jpeg昨日は1400記念号の特別編集でした。記念号のための仕事は先月から始まっていて、今回で2回目。
記念号は座談会に加えて年表や写真も入るので200ページを超えるでしょう。
この日は終わったのが9時でした。オツカレサマデシタ。


\xE6\x9Dユ\x9C\x88\xE3\x81壔\x82\x82\xE3\x81c\x81\xA8綽\x99\xE3\x81\x97\xE3\x81\x84\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81˨\x81ŝ\x82\x8A\xE3\x81障\x81\x99鐚\x81\xE2\x9D\x93\xE2\x80


共通テーマ:moblog

信綱の若いときの写真です

信綱書斎[2].jpg明治37年、中国から帰ってまもないころ、たぶん三月頃、自宅書斎で写した写真です。
机の上の箱にから溢れているのは留守中にたまった手紙でしょうか。
柳行李が入れ子になって、書類らしきものがみえます。これらは旅の記録か旅で求めたさまざまな土産でしょうか。
部屋中に散らばっているのも本や書類のたぐいのようです。
撮影者は硯友社の山岸荷葉。劇作家山岸の演出でしょうか。


共通テーマ:moblog